美1 黒髪は女の命

Beautiful Brunette Girl. Healthy Long Hair

髪は女の命、と言われますが、
緑の黒髪、漆黒の黒髪などと表される
しなやかで、まっすぐで、艶やかな髪は
それだけで美人度を上げてくれるものです。
脱色したり、カラーリングやパーマ、
ドライヤー、コテ、潮焼け、紫外線灼けしてしまった
髪はパサパサでキシキシ、指通りも
まとまりも悪く、「手入れを怠っている女」
と思われてしまったりして
いらぬマイナス評価を受けてしまいます。
いつまでも黒い髪でいられればいいのですが、
残念ながら人間は年をとる生き物。
そうは問屋がおろしません。
日本人は元々髪の色が黒いですから、
白髪となると非常に目立ちます。
黒の中の白。
これが金髪の中の白ならば、そんなに急に
目立つ事も無いのに、と思ったり。
まだまだ若いから大丈夫、心配する必要なんか無い、
そう思っているかもしれませんが、
白髪は生活環境によってすぐにでも発生してしまう
可能性があるんですよ。
白髪とは、年齢を重ねて行くに連れて
色素細胞の能力が衰えて、髪の色素が
なくなってしまった状態の事を言います。
お肌のシミもメラニン色素ですが
髪の色素もメラニン色素が関わっています。
モウサイ血管や神経がある毛乳頭の周りには
毛母細胞と呼ばれるものがあり、
その中には髪の毛の色を作っている
メラニン色素を作る色素形成細胞である
メラノサイトがあって、これが
お肌にとっては嫌われ者のメラニン色素を作っています。
お肌ではシミやソバカスとして嫌われますが
髪の中ではこれがなくなってしまうと
白髪になりますから、大切なパートナーです。
このメラニン色素がコルテックスと呼ばれる
毛皮質に行き渡って髪の毛には色がついているのです。
悲しい事に加齢や病気などが
メラノサイトを減少させて、メラニン色素の
生成量を減らすこととなり、髪の色素が薄くなって
白髪になるという結末です。
白髪になる原因についてはまだ解明されていない部分が
多いのですが、白髪になる過程は3つ。