スーパースターも便秘症?1

i34

エルビス・プレスリーと便秘。
この2つは何か関係があると思いますか?そもそもエルビスを知らない人もいるでしょうね。エルビス・プレスリーはキング・オブ・ロックンロール。アメリカと言わず全世界のロックシーンに変革をもたらした大スーパースターです。マイケル・ジャクソンの上を行く、と言えばお分かりでしょうか?

ギネス・ブックにも何度も登場しているこのスーパースターが亡くなってからはや33年が経ちます。彼の死のニュースは全世界を駆け巡りました。亡くなったのは1977年8月16日、テネシー州メンフィスの自宅のバスルーム。自らの吐瀉物の中に倒れていたそうです。42歳の若さでした。

彼の死因として「肥満」「麻薬」「ストレスによる過食症」「ドーナッツの食べ過ぎ」「不整脈」「心臓病」などなど色々な説があります。ですが、今年2010年になって彼の死因が重度の便秘にあった可能性が高い、との所見をジョージ・ニコポウラス博士が今年になって発表し、アメリカ中をビックリさせました。

便秘で死んでしまう?便秘が病気を引き起こす?便秘なのになにも手だてをしていない?多くの名医に囲まれているはずのお金持ちのスーパースターにそんなことが起こるのでしょうか?
このニコポウラス博士はエルビスとは12年来の旧知の仲で、長年エルビスの主治医を務めていました。エルビスが亡くなったその日も現場で蘇生を試みた医師です。この博士は「エルビスが便秘に苦しんでいたのは知っていたが、ここまで酷い物だとは解剖をするまで分からなかった。」と驚きを交えて語っています。

便秘は怖い症状です。実際人の命を奪うこともあります。医師はエルビスに生前、人工肛門をつけることを提案したそうですが、キングはプライドからそれをかたくなに拒んだと言います。
あなたは今便秘ですか?お通じの為に薬剤を使ったり薬品を飲んだりしないと困るほどですか?軽く思っている便秘も実は体に大きな負担をかけて、あなたを疲れやすい体にしているのです。エルビスの体が便秘によってどう蝕まれていたかを明日はお話ししたいと思います。